糖尿病と足の深~い関係を知っていますか?

高血糖が長く続くと血管が傷つき足の先に血液が流れにくくなり必要な栄養が十分にいきわたらなくなることがあります。また、神経障害が起こり、「熱い」や「痛い」といった感覚が鈍くなってくると、傷ややけどに気が付かず自分でも知らないうちに放置してしまい、傷が悪化してしまうこともあります。また免疫力も低下するので傷口が治りにくくなり、感染症にかかりやすくなったりします。糖尿病では皮膚の表面に届く血流も悪くなってしまい、傷の回復を悪くすることもあるようです。
これが糖尿病と足に深~い関係があると言われている理由です。

ページトップへ戻る