もって生まれた身体の一部も最後まで欠かしたくない、「足」もその人にとってかけがえのない「自分自身」です。
フットケアは、大切な「足」を守り、最期まで自分の足で歩けることで、心や身体といったその人すべてを守るケアなのです。
『訪問看護ステーション かえで』では、在宅療養者の自宅へ伺って看護活動をしています。なかでも足を守るための、フットケアに力を入れています。





ページトップへ戻る